09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

資料熟覧

2013年03月29日
昨日の午後1時半に堺市博物館に行き、河口慧海関係の新出資料を熟覧させてもらった。
今年1月に発表された例の資料である。それを所有者に返却する期限が今月末に迫っていた。

最初は、消印のほか2,3ヵ所を確認するだけで十分だから、2時間もあれば足りると思っていた。ところが、いざ現物を目の前にすると、やはり本文のすべてを用意の翻刻文と一応つきあわせてみようという気になった。
結局終わった時には4時半を回っていたから、3時間以上も見ていたことになる。しかし疲れはちっとも感じなかった。

やはり本物と写真は違う。

おかげで何カ所も修正することができた。その中には、こういう機会がなかったら、おそらくは一生気づかなかった点もいくつか含まれている。ああ、あぶなかった。

それにしても、墨と和紙の文房具としてすぐれていることよ。封筒こそ古ぼけているが、手紙そのものは、最近書かれたかと思うほど、みずみずしさを保っている。もっとも、慧海の書簡は最も古いものでも明治25年だから、このくらいで驚いてちゃいけない、わけだ。

ちなみに私は、毎年1度は授業の中で学生諸君に、高野山大学図書館が所蔵するデルゲ版チベット大蔵経を見てもらうことにしている。見てもらうだけでなく、できるだけ触ってもらうことにしている。人類文化へのチベット人の偉大な貢献を、東チベットで漉かれたごわごわした紙の触感を通じて記憶してもらいたいと願うからだ。これまた本物があるからできることである。

文化財課のN村さんから、慧海資料が紹介された『歴史読本』と『Brutus』と『トイロカルチャー』(自然総研発行)をいただいた。『Brutus』では「あの人が、旅路の果てに見た理想郷」という特集の中に、「ポール・ボウルズのタンジール」、「ゲーテのナポリ」、「田中一村の奄美大島」、「ウォルター・ウェストンの北アルプス」などと並んで、「河口慧海のラサ」がある。ライターが書いた記事で、切り口が面白い。

研究ノート