07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

パソちゃん入院

2013年02月26日
一昨日の夕方、研究室でパソコンを立ち上げると、カーソルがフリーズしてぴくりとも動かない。これでは操作のしようがないので、強制終了して、電源を入れなおした。ところが事態は変わらない。そこで、やりたくはないが、もう一度同じ操作を繰り返す。変わらない。繰り返す。そのうちにパソコンが「ブン、ブン」いいだす。まずい。明らかに故障である。最近、パソコンの調子が悪いことには気づいていたつもりだったが…

仕事にならないので、電源を切って、曼荼羅荘に帰った。

翌朝、ベッドの中でつらつら考えた。これまで俺はパソコンに依存しすぎていた。これはパソコンから自立するいい機会だ。これからは、電子機器に頼るのではなく、自分の脳みそと手書きでやってゆこう。幸い、撮りためた写真データは、このあいだ学生諸氏からもらった外付けハードディスクに保存してある。あとはドキュメントだが、最も重要なものは、別にメモリーに保存してあるはずだから、最悪ではない。メールもできれば救いたいが、なければないで何とかなるだろう。しかし、待てよ。ドキュメントの中には、便利なデータがいろいろ入っていた。ああいうのがなくなったら仕事の範囲が狭くなるし、もう一度やり直すのは骨だし…

くよくよ考えていても仕方がないので、朝一番にスペシャリストのN口氏に相談してみた。「とにかくドキュメントを救いたい。デスクトップとメールも、できれば」と。

さっそくN口病院に入れて検査を受けさせると、「Cドライブがいっぱいになっている」とのこと。要するに、食べ過ぎ、太り過ぎで身動きが取れない状態だったのである。

それからいろいろ「治療」を受けさせたが詳細は略する。

夕方、パソちゃんは元気に退院し、研究室に戻った。しかも前よりもずっとお利口になっている。夜、デフラグしたり(これに何と1時間もかかった)、余分なファイルをデスクトップ上から消したりして、さらに磨きをかけた。これでまた仲良くいっしょに仕事ができる。でもそのせいで、パソコンからの自立は遠のいた。

ある大学教員の日常茶飯