06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

堺市博物館での講演会

2013年01月27日
1月26日(土)

午後2時より人文研研究会。去年の11月以来、2ヵ月ぶりである。発表者と発表題目は次の通り。

外川昌彦先生(広島大学)「英領インドにおける岡倉天心とインド知識人-タゴールとヴィヴェーカーナンダとの交流から」
船山徹先生(京都大学)「漢訳仏典の中国化-漢訳と偽経を介在するものとしての「編集経典」とその事例-」

ともにとてもおもしろい発表でたっぷり刺激を受けた。

1月27日(日)

午後1時半から堺市博物館で講演会「河口慧海と肥下徳十郎-新発見の資料から-」に臨む。新聞が割合に大きく取り上げてくれたこともあって、堺市だけでなく、神戸、奈良、大阪からも聴きに来てくださった。特に肥下徳十郎さんの親族、親せき筋の人が大勢来て下さったことは感激だった。

またT波先生がわざわざお越し下さったのには恐縮した。

知り合いもかなり来てくれたが、いちいち挨拶している時間がなかったのが心残りだった。

ともあれ、肥下家資料の研究もこのイベントで一区切り付いた。しかし研究者としては、これは終わりではなく、出発点なのである。以前、慧海さんのヒマラヤ・チベット日記が発見された時も、記者発表をしたり、シンポジウムを開いたりしたのは最初のうちで、そのあとに長く地味な作業が待っていた。高山寺所蔵の南方熊楠書簡の場合も同じであった。こういうのを喜びとするのが研究者なので、これは仕方がないことだ。

今回どうするかも考えてはいるが、着手するのは目前のことを片付けたあとだ。







ある大学教員の日常茶飯