FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

デルゲへ

2020年06月01日
能海は、ダルツェンド滞在中の明治32年5月29日に、知り合いのチベット人の案内で折多の温泉に出かけて2泊した。その宿で彼は、ラサから来たという「ラマ僧」から耳よりの話を聞いた。

「ここから本街道を北に折れて15、6日も進むとデゲー(デルゲ)という場所に着く。そこには大きな僧院があり、そこで刷っている甘珠爾(カンジュル)、丹珠爾(テンジュル)併せて300部余りが一千両ばかりで手に入る」

ざっとこんな話であった。能海は南條文雄への手紙の中に、デルゲの甘珠爾、丹珠爾、つまりデルゲ版チベット大蔵経について報告したが、運送費を計算に入れたのか、価格は2倍の2000両と書き、日本人の足を考慮したのか、デルゲまでの行程を20日と書いている。
翌年春、能海はデルゲ経由でチベットに入る計画を立てた。しかし、沿道の物騒と雇い人の違約によって、結局断念し、青海に向かう。だがそのルートからも入蔵はならず、重慶に引き返し、今度は雲南に道を取って3度目の挑戦をした末に、麗江で消息を絶つのである。

能海がもしも首尾よくデルゲに到達できていたら、有名なデルゲ・パルカンで経典が木版印刷されている様子を見て、狂喜したに違いない。そしてもしも彼がデルゲ版をたとえ一帙でも日本に送ることができたら、それは多田等観先生よりも20年以上早い我が国への請来となるところであった。

康定市(ダルツェンド)は、成都から飛行機で1時間、高速道路を使うと3時間あまりで行けるらしい。
一度は訪れてみたい場所である。
研究ノート | トラックバック(0)

祈り

2020年06月01日
6月1日(月)
梅雨がそこまできている。今年ほどこの暑く湿った季節が待ち遠しい年はない。

日本列島に古くから住んでいる神々が、これ以上新型コロナウィルスの跳梁跋扈を許すはずはない。
神々とは自然の別名である。

高温多湿は新型コロナには効かないという説もあるが、私は、梅雨時の雨がこの列島からウィルスをきれいさっぱり洗い流してくれると信じている。
ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)
 | HOME |