FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ふむふむ、なるほど

2019年12月25日
12月25日(水)
昨夜、NHKラジオの「聞き逃し」でシドティに関する談話を聞いた。ジョヴァンニ・バッティスタ・シドティは、シチリア・パレルモ生まれのイエズス会宣教師で、18世紀の初めに屋久島で捕縛され、江戸に送られて新井白石の尋問を受けた。白石はこれを基にして『西洋紀聞』などを著した。シドティは「最後の伴天連」とも呼ばれる。

以前、熊楠の高山寺書簡をやっていた時に、熊楠がこの人物にとても同情的であることに強い印象を受けた。しばらく前、テレビ番組で、シドティが幽閉されていた東京小日向の切支丹屋敷跡から人骨3体が発掘され、DNA鑑定の結果、そのうちの一つがシドティのものであると結論付けられ、頭蓋骨から顔の復元まで試みられたのを見た。そして今度の談話である。なんでも、同郷のカトリック神父が彼に興味を持ち、研究書を著した、それがこの度日本語に翻訳されたとのこと。

切支丹屋敷跡は茗荷谷駅の近くのようだから、何かの折に訪ねるのも一興である。
*****
枕元に小谷汪之『中島敦の朝鮮と南洋』(岩波書店)を置いて、寝しなに少しずつ読んでいる。以前にも書いた中島敦の「光と風と夢」、そしてその主人公スティーブンソンの南洋生活への興味からであるが、これとの関連で、明治17年の海軍練習艦「筑波」による遠洋練習航海に関する記事をネットで読んだ。それがちょっと驚くような内容だった。脚気対策のための実験航海であったというのである。これを推進した高木兼寛を取り上げた「白い航跡」という作品が吉村昭にある。正月はこれを読んで過ごそうかと思う。





初めてこのブログを読む方へ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |