FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

高野山と高野山大学

2019年06月29日

6月29日(土)

昨日の午後4時45分から8時すぎまで、龍谷大学大宮学舎でK-GURSのチェーンレクチャーの授業を2コマ担当した。講義題目は、共通テーマに合わせた「近代の真言宗と高等教育」であった。内容は、1.高野山学道略史ー開創から明治維新まで、2.明治維新以降の真言宗諸派の動向と学校制度ー高野山に視点をおいて、3.教育体制・内容の変遷の3部立てにした。中心は2で、明治維新以後、諸宗派の離合集散の激しい中で、高野山上の学校が、伝統を守り発展させるために、いかに苦闘したかについて、かなり細かいところまで立ち至って述べた。


今月、天理では高野山の信仰について述べ、龍谷では高野山の学問について講義した。信仰と学問とは高野山の二つの顔である。いずれは定見を持たなければならないと考えていたこの二つの事柄をなんとか自分なりに整理することができた。いずれも自分から進んでではなく、指名を受けて引き受けたことではあったが、私個人にとってとてもよい機会になった。


恐縮したのは、龍大の担当者のD先生が最初から最後まで付いて下さったことである。辛抱強く聴講してくれた学生たちに加え、D先生に厚く御礼申し上げたい。



高野山大学の力 | トラックバック(0)
 | HOME |