FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

居庸関

2018年10月31日

4日留守にしただけで、高野の秋はぐんと深まっていた。

「最近の北京の空気はきれいだそうです」

前もってこうCさんに言われていた通りだった。天候にも恵まれた。


10月27日(土)

午後3時10分泉ヶ丘発のリムジンバスで関空に向かう。4時半、第一ターミナル4階の出発ロビーのDアイランドでCさんと合流。午後7時半過ぎ、ZH(深圳航空)9056便で関空を発ち、2時間50分のフライトで北京首都空港に降りた。いつも思うのだが、この空港は大きすぎて、むしろ不便な感じがする。空港からはタクシーで今回の宿舎、友誼賓館に向かう。チェックインして部屋に入ると11時半を回っていたので、シャワーも浴びずにすぐ就寝した。

10月28日(日)

7時過ぎに友誼宮という建物で朝食を食べていると、CさんとSさんがやって来た。SさんはCさんの友人で、車で居庸関(きょようかん)長城に案内してくれる。雲はあるが天気は上々である。前方に岩山が見え始める。軍都山脈の一部と思われる。Sさんが、「長年北京に住んでいますが、山がこんなにくっきり見えたのは初めてです」と嬉しいことを言ってくれる。

IMG_0993_convert_20181101080638.jpg


居庸関長城を選んだのには訳がある。村田治郎編の『居庸関』第1章には次のようにある。


「居庸関は、モンゴリア高原からする塞外民族の侵入に対して、北京地方を防衛する第一の要害であった。古く『呂氏春秋』有始覧をはじめ、『淮南子』地形訓などにも、天下九塞の一としてその名がみえるのは、春秋戦国時代の燕国の要塞として早くから人々に知られていたことを示す」


と。だが、この関そのものに対する興味もさることながら、私の目当ては、この関にある雲台という石造建築物にある。元代の14世紀半ばに建造されたもので、門洞内の壁面に四天王、十方仏、千仏、五曼荼羅、そしてランジャ文字、チベット文字、パスパ文字、ウイグル文字、西夏文字、漢字の六体刻文などが刻まれている。元代の仏教図像と陀羅尼文献の貴重な遺品だ。これについては、村田治郎編の『居庸関』という大冊の研究書があって、洞内の彫刻・刻文の拓本も掲載されているのだが、本物を見ておくことは何より大切である。

DSC_2731_convert_20181101080537.jpg

*雲台。かつてはこの上に過街塔と呼ばれる塔があった。


IMG_1084_convert_20181101080709.jpg

*門洞の入口から南関城楼を見る。「天下第一雄関」の扁額がかけてある。


DSC_2757_convert_20181102134314.jpg

*四天王中の広目天王像


DSC_2751_convert_20181102191758.jpg

*門洞内に保存された深い轍の跡に長い歴史を感じる。


雲台はSさんを喜ばせた。こういうものがあるとは知らなかった、というのである。「今度仏教徒のお客さんがあったら案内してあげて下さい」と言うと、是非そうしたいという話であった。それから長城に登った。観光客が蟻の群のように続いている。石段がひどく急で、たちまち足がくたびれ、息が切れた。明日があるので、途中で引き返すことにした。「中華文明の偉大さを足で実感しました」。


DSC_2773_convert_20181101092713.jpg

*長城はうねりながら山の向こうに続いている。これから紅葉がきれいになるところ。

関城楼と長城の途中とに毛沢東の詞碑が立っている。「長城に至らずんば好漢にあらず」

大学生になりたての頃、毛沢東の詞の本を買ったことを想い出した。この一節もその中にあったと思う。長城の麓の店では好漢証明書なるものを発行していた。長城に行ったら皆好漢になれる訳でもあるまいが、そこは観光地である。

IMG_1130_convert_20181101093208.jpg

*長城から南方、河北の大平原を眺望する。ついつい居庸関を破った遊牧民のような気持ちになる。さあ、行くぞ。「野蛮は文明への跳躍台だ」(司馬遼太郎『韃靼疾風録』)

フィールドワークの記録 | トラックバック(0)
 | HOME |