FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

鷗外の宿

2018年10月22日

10月22日(月)

今日から2日間にわたって重要な視察がある。

*****

金曜日から日曜日まで東京に出張した。金曜日は夕方から神田のB社で相談・打合せ。土曜日は、東洋大学アジア文化研究所主催の「能海寛生誕150年記念シンポジウム 新仏教徒 能海寛―哲学館からチベットへー」にパネリストとして参加した。よい会だったと思う。7月の波佐での記念式典・シンポジウムと合わせて、能海寛の顕彰・研究事業の大きな節目になった。


私個人としては、三浦節夫先生に久しぶりでお目にかかれたこと、地平線会議の江本嘉伸さんと7月の波佐に続いていろいろ話ができたことが収穫であった。


ホテルは2泊とも上野の水月ホテル鷗外荘であった。自分で決めたのではなく、東洋大学が予約してくれたのだが、これがなかなかに宜しかった。このホテルは森鷗外が1年あまり住んだ旧宅を中庭に保存しており、おまけに天然温泉がついている。鷗外が「舞姫」を執筆したのはこの家だ、ということで、ホテルもこれを前面に押し出している。鷗外縁の宿ということで何となく壮麗なイメージを抱いて行ったので、チェックインの時に意外に庶民的なことにちょっと戸惑ったが、2泊した後味はよかった。朝食はホテル内の鷗外の詩に因んで「沙羅の木」と名づけられた和食の店であった。大きな窓から中庭の竹林がよく見える。日曜の朝、竹が風にそよぎ、葉が陽光につやつや光って、何とも清々しかった。

IMG_0916_convert_20181022173656.jpg

*鷗外旧宅内。


舞姫のモデルについては諸説あったと思う。それが現在どうなっているか、私は知らないし、積極的に知ろうとも思わないが、想い出すのは、関川夏夫原作・谷口ジロー作画の「明治流星雨」の中の一篇『秋の舞姫』である。これは鷗外を追ってドイツから日本にやってきたエリーゼ・ヴィーゲルトが大活躍する漫画であるが、結末は一転してとても寂しい終わり方をしていたと記憶する。これを読ませるのは、やはり谷口ジローの画力である。


日曜日の昼間、娘たちと根津のフレンチ・レストランで会食した。レストランはホテルから歩いて10分程度の距離だが、チェックアウト後、約束の12時にはまだ間があったので、谷根千文学散歩としゃれこみ、岡倉天心記念公園や鷗外記念館(観潮楼跡)などを見て回った。


IMG_0948_convert_20181022173619.jpg

*清水坂。かつては弘法清水があったという。別名暗闇坂。


IMG_0966_convert_20181022173733.jpg

*谷中五丁目の岡倉天心記念公園。ここにも六角堂がある。


IMG_0969_convert_20181022173936.jpg

*中を覗くと、こんな面白い写真が撮れた。


IMG_0974_convert_20181022174003.jpg

*ここは団子坂。東京は坂の町だね。


IMG_0983_convert_20181022174100.jpg

*鷗外記念館内の喫茶店で一休み。アッサムティーをたのむ。


根津は河口慧海が住んだ町でもある。旧宅跡は根津一丁目交差点のすぐ近くだが、今回は行ってみる時間がなかった。





ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)
 | HOME |