FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

遺跡巡り、調印式、帰国

2016年11月07日
DSC_4422_convert_20161108083313.jpg
*夜明け前のルンビニーの野。荘厳な時が近づく。

27日
インドやネパールはやはり、朝である。早起きして、日本山妙法寺のストゥーパまで散歩した。すでに善男善女が旭を拝みに来ていた。ストゥーパの基壇に上ると、ヒマラヤがよく見えた。

DSC_4447_convert_20161107200547.jpg
*白亜の塔に僅かに朝日が当たり始めている。

この日の午前中はルンビニー近辺の遺跡巡りをした。タウリハワーを通り、まずクダンの遺跡を訪れる。ここは釈尊が父王シュッドーダナと出城以来の再会を果たしたニヤグローダ園の跡と言われている。次に行ったのが、ゴーティハワーの遺跡である。ここは、過去七仏(釈尊とそれ以前に現れたとされる六人の仏)の一人、クラクッチャンダ(拘留孫)仏の生誕地とされる場所で、壊れたアショーカ王の石柱が見られる。こうした遺跡群はみなタラーイの田園地帯の中にある。途中、いくつもの村を通ったが、お世辞にも豊かとは言えなかった。

次はティラウラコットの遺跡であった。釈迦族の都カピラヴァストゥに比定されている場所である。現在は、ユネスコ文化遺産保存日本信託基金の援助を受けて、イギリスのダラム大学がドローンなどの「新兵器」も使って調査を進めている。(もっともインド側の主張では、カピラヴァストゥはインド領内のピプラーワーとのこと)
DSC_4537_convert_20161107202852.jpg
*シッダールタ太子が目覚めの旅に出たのは、この東門からであるとされる。

最後は、過去七仏の一人、カナカムニ(拘那含牟尼)仏の生誕地とされるニグリハワーの遺跡であった。アショーカ王の石柱が折れて倒れている。七仏のうちの三人までがこの比較的狭いエリアで生まれたことがアショーカ王の石柱によって認定されていることは、とても興味深いと言わなければならない。ちなみに、東北大学の河口コレクションには、ルンビニーとニグリハワーの二つの石柱碑文の拓本が含まれている。慧海自らが刷り取ったものである。

遺跡巡りから戻って昼食を取ると、すぐに高野町とルンビニーとの調印式であった。これが今回の訪問のハイライトであった。

夕方、飛行機でカトマンズに戻った。夕陽に紅く染まったヒマラヤが見事だった。カトマンズ最後の夜は、タメルのチベット料理屋でトンバという地酒やモモ(チベット餃子)を味わった。翌日昼の飛行機に乗り、次の日の朝に関空に帰着した。
フィールドワークの記録

ルンビニー見学

2016年11月07日
DSC_4289_convert_20161106125400.jpg

 摩耶夫人堂は、お釈迦様の誕生スポットを示すマーカーストーンとその周りの遺跡を覆うシェルターのような建物で、その側にアショーカ王が紀元前3世紀に建立した石柱が立っている。側には沐浴のための池があり、菩提樹が生えている。
 ゲートで靴を脱ぎ、石畳の上を裸足で歩く。気持ちがよい。
 案内の人に、ここからヒマラヤが見えますか、と聞くと、彼はスマホで撮った写真を見せてくれた。そこには確かにダウラギリⅠが映っていた。かつて、河口慧海を始めとして、ここを訪れた日本人たちもこの山を眺めたはずである。その時には、摩耶夫人堂は小さなマウンドの上に立つ祠(ほこら)だった。
 参拝後、ルンビニホテル笠井にチェックイン。日本人の笠井さんが経営する瀟洒なホテルである。そこで昼食を取り、ルンビニー開発委員会のレクチャーを受けた後、現場に向かった。

 ルンビニーの開発は、コア・ゾーンだけでも東西1マイル、南北3マイル、面積777ヘクタールの広大な敷地を、摩耶夫人堂を中心とする「聖なる園」と「僧院ゾーン」と「新ルンビニー村」の三ゾーンに分けて開発しようという壮大なもので、マスタープランは丹下謙三氏が立てたものである。

「僧院ゾーン」には各国の僧院が、まるで万国博覧会のパビリオンのように、おもいおもいの建築意匠で立ちならんでいる。

DSC_4342_convert_20161106130818.jpg
*ドイツ寺。どういう縁でかは聞きそびれたが外見も中身もチベット仏教寺院である。

DSC_4377_convert_20161107105144.jpg
*タイ寺。日本寺もあるがまだ完成していない。

DSC_4396_convert_20161106130433.jpg
*こんな誕生仏が建立されて、話題となっていた。う~ん・・・

タイ寺の一画でお茶を頂きながらお坊さんのお話を聞いた。その後、歩いて再び摩耶夫人堂に行くと、台湾の巡礼団が沐浴池の階段に腰を下ろして夕焼けに向かってお経を唱えており、その側の菩提樹の木陰ではスリランカの巡礼団がネパール僧の説法に耳を傾けていた。
DSC_4410_convert_20161107105740.jpg

ホテルでの夕食は関係者が一堂に会しての晩餐会であった。
フィールドワークの記録
 | HOME |