12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

音声入力

2015年01月27日
左手が使えない私を見て、大学院生達が音声入力キットをプレゼントしてくれた。今それでこの文章を書いている。口だけは元気なのだが、これはなかなか上手には使えない。
___convert_20150127201635.jpg
ある大学教員の日常茶飯

安楽寺教学講習会

2015年01月26日
土曜日、教学講習会の講師を仰せつかって、徳島の四国六番札所安楽寺に行った。ギブスが背広の袖を通らないので、止むを得ず、上は着古したセーターというちぐはぐな格好になった。

なんばのスイスホテルの入口にある高速バスターミナルから徳島行きに乗って二時間半、松茂で降りて、うどん店で昼飯を食べ、タクシー35分で安楽寺に着く。
ご住職は高野山大学のOB、跡継ぎの息子さんも然りである。大変丁寧に迎えて下さり、気持ちよくお話が出来た。80人くらいの受講者がみなさんとても熱心だった。元々は、一泊させてもらって、あちこち見ながら帰るつもりだったが、手がこの状態なので、講義の後、早々に失礼し、元来た道をもどって、9時過ぎに帰宅した。安楽寺の皆様には本当に御世話になった。

四国はいつ来ても、とてもいい。
高野山大学の力

なんだ、もう謝っちゃったの?

2015年01月20日
あれも営業、
  これも営業か。
いっそのこと、次からは現政権万歳に替えて歌ったらどうだろ。

両手でキーボードをうてないので、不便この上ない。さっき一個校正が終わって送り出した。2倍の時間と労力がかかる。

部屋に戻ってから、気分を変えるためにエルトン・ジョンを聞きまくった。


ある大学教員の日常茶飯

あ痛たたた・・・

2015年01月15日
一昨日の晩、アイスバーンの坂道で思い切り転んで左手を強打。しばらくは起き上がれないほどのダメージを負った。ひいひい言いながら曼荼羅荘にたどりつき、手首を水で冷やしていたら、Wさんが起きてきて、
「こりゃあ、すぐ病院に行かないと」
方々に連絡した後、外科の救急外来のある和歌山日赤病院まで車でつれていってくれた。診断は、
「残念ながら、骨折してます」
帰ったのは午前3時半頃。昨日はまたGさんの付き添いで橋本市民病院で半日過ごし、ギブスをつけられて戻った。二人にはすっかり迷惑をかけたが、こういう時は甘えるしかない。

幸い右手は何ともないので、最低限の仕事は出来る。このブログも片手で書いている。
家人は「頭を打ったわけではないし、これで家族全員の厄が落ちた」云々。

一度目は同情されても、同じ事を二度やればバカだと思われるから、転ばないように用心しているが、今夜も御山は冷えそうだ。



ある大学教員の日常茶飯

今年こころがけたいこと

2015年01月09日
年末年始は、諸般の事情もあって、珍しく1週間も休んでしまった。正月のテレビほどつまらないものはないので、「花燃ゆ」の初回以外はまともに見ず、池波正太郎を読んでいた。面白くてどんどん読める。どんどん読めるからこそ、これは危ないとみて、4冊で止した。何しろ、この著者には『剣客商売』『鬼平犯科帳』『仕掛人 藤枝梅安』の三大シリーズに加えて、『真田太平記』『雲霧仁左衛門』など面白そうな作品が目白押しだ(ここに挙げたもののすべてがテレビ・映画になっている)。油断すると、それだけで大事な今月が終わりかねない。

さて、今年の誓いというほど大げさなものではないが、心がけたいのは、ウェブ情報の制限だ。年末、
(俺はネットに毒されている)
と、痛感することがあった。自分では、
(私は、大丈夫)
と思っていても、今のネット社会、いつのまにやら脳内に情報が注入されて、見方、考え方をコントロールされかねない危険を感じる。そこまでゆかなくても、余りネットばかりに頼っていると、世界観がおかしくなる。完全に遮断することは、仕事上、無理にしても、特に政治がらみのことは、できるだけ見ない、読まないように心がけたい。

DSC_0884_convert_20150109102204.jpg
*1月9日 和歌山大学観光学部・研究科主催の国際学生研究フォーラムで、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大の学生たちが高野山大学にやってきた。図書館を見学したあと、奥之院に向かったが、この寒い中、ご苦労なことである。
ある大学教員の日常茶飯

恭賀新年

2015年01月06日
謹んで新年のお祝いを申し上げます。

豁」譛育堪_convert_20150106214010
*こたつの横で丸くなっているテリー。年賀状のデータ集をあしらってみた。

ある大学教員の日常茶飯
 | HOME |