FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

仮設住宅訪問

2012年09月27日
19日(水) 南三陸町に来て3日目。今日は仮設住宅を訪問し傾聴の実習を行う。
少し早めにハウスに行って、朝のミーティングで今日の予定を確認した後、荷物を積み込んで車2台で出発。向かった先はH仮設住宅である。南三陸町内には58の仮設住宅がある。HUGハウスは、そこを順番に回ってカフェと呼ばれる談話会を開いている。1日1ヶ所回って、2ヶ月で一巡する計算だ。地元の人はそれを「お茶っこ」と呼んでいるらしい。

H仮設住宅は小高い尾根道沿いにあった。ここの人たちは海沿いの75戸ばかりの集落の住民だった。そのうちの16軒が今この仮設に住んでいる。代々半農半漁で生計を立ててきた人々のようだ。

志津川湾は養殖の適地で、ホタテ、ウニ、カキ、のり、ワカメ、ホヤなどが豊富にとれる。「森は海の恋人」は、唐桑町の畠山重篤氏のキャッチフレーズだが、里山を通って川が海に流れ込む地形が豊かな漁場を作りだしているのは、志津川も同じだと思う。

いい町だったのである。

2012蜊嶺ク蛾匣+026_convert_20120927125251
*朝の志津川湾。餌をやる人がいるのだろう、ウミネコが催促するようにバルコニーの手すりに何羽もやってくる。

私たちが着くと、仮設の集会所に人が集まりはじめた。高齢の女性が多く、手押し車にすがってゆっくり坂を登ってくる人もいる。

「お茶っこ」は和気藹々としたものだった。HUGハウスの人たちがすでに顔なじみであるのに加えて、こういう訪問には慣れっこになっているのだろう、仮設の人たちに警戒や緊張は感じられなかった。一通りのあいさつが済んだ後は、それぞれのテーブルに分かれお茶とお菓子で談話となった。他の3人は関西人なので言葉が分からずに苦労していたが、私は何とか理解できる。

よく話す人もいれば、そうでない人もいる。私の隣りは82歳の女性で、寡黙だったが、何かをすること(doing)よりも、いっしょにいること(being)の方が大切と昨日の研修で学んだので、話が途切れても焦らずに、ゆったり構えるようにした。
カフェは90分で終了。最後に、HUGちゃんが、「せっかく高野山からお坊さんが会いに来てくれたのだから、いっしょにお経を唱えましょう」と提案すると、みんな異論はないようなので、イヌイさんが頭を取って『般若心経』と諸真言を唱えた。クリスチャンであるおしょうさんは同時に別の祈り方をしていた。H村では16人が亡くなっている。

実は出発前、同僚の森崎さんから、「初めから僧侶の格好で行くな、お経は唱えるな」とのアドバイスを受けていた。ろくに話も聞かず、自分がやりたいパフォーマンスだけやろうというのでは、被災者に受け入れられるはずがないからである。「お経は最後」。これは大事な教訓を得た。

一度ハウスに戻った後、さんさん商店街に昼飯を食べにいった。

午後はA仮設とB仮設の個別訪問だった。A仮設にゆくと、ボランティアが作ったテーブルとベンチに人が集まっていた。地元ボランティアの一人はここの住人で、自分の家の中を私たちに見せてくれた。つまり被災者自身が被災者の心のケアをしているわけである。こうした地道な活動が「いやしのリレー」となって伝わってゆくことを願う。

2012蜊嶺ク蛾匣+135_convert_20120928160953
*こういうテーブルとベンチ。これが住人同士の交流にとても役に立っているようである。

B仮設でも外のベンチに何人かのお年寄りが集っていた。近頃雨が少なく、作付をしたいので、みんな雨を待っているという。

ここで私は一人の老人に出会った。薄くなった髪の毛も無精ひげも白くなっているが、骨格のがっしりした、よく日に焼けた古武士のような面構えの人物である。私はこの人の語りに舌を巻いた。震災の話ではない。それ以前の昔話である。私たちが高野山から来たと知ると、彼は、昔、大人たちから「高野山の可哀そうな子どもの話」を聞いたことがあると言った。「イシドウマルといったけかな。俺をおどなしくさせるために聞かせたことだろうけんど」

私たちが、それは刈萱道心と石童丸の話です、といって説明すると、老人は、生きているうちにこの話を知っている人が来たらいいなと思っていた、おかげで胸がすーっとした、と言って笑った。私は宮本常一の『忘れられた日本人』(岩波文庫)を連想していた。

ここでも最後にお経が上げられた。この地区では40人が流され、遺体はほとんど上がっていない。その場に集まった人のほとんどが肉親を失くしており、一緒に読経して泣く人が多かった。

HUGハウスに戻り、昨日と同じようにそれぞれ感想を述べあった。私はここまでであった。研修は明日までだが、私は山形の実家に行くことに決めていた。最後は、スタッフ全員との「ハグ」であった。いやはや、本当にお世話になった。

この日の夕食はホテル内にある「磯浜通り」というちょっとした料亭の個室だった。イヌイさんが「おしながき」を見て一言。

「おっ、今日の調理長は小野君か」

これが、この旅でのイヌイさんの最高のギャグだった。分かります?この何ともいえないおかしみ。

20日(木)9時前、HUGハウスに出かける3人を見送った後、ホテルの送迎バスで仙台駅に向かった。車窓から眺める志津川の海はあくまで穏やかに晴れ渡っている。独りになったせいか、いろいろな感情が一度にこみあげ、涙が流れて仕方がなかった。
高野山大学の力

HUG、HUG、HUG!

2012年09月27日
土曜日、クリーンセンターに粗大ごみを搬入したあと、久しぶりに「ろおじ」に行ったら、Kさんがお茶を飲んでいた。S賀さんは私を見るなり一言、「最近、市役所の人と何かこそこそやってはるんじゃないですか」。「ええ、こそこそやっていますが、まだ言えないんです」「(ブログに)あんな(曖昧な)こと書くぐらいやったら、書かない方がましなのに」。これには一本参ったが、書きたくとも書けないが、書けなくとも書きたいんだよね。

さて、18日午前9時過ぎ、私たちは志津川字田尻畑のHUGハウスに着き、代表の堤さんや宇根さん、そして地元ボランティアの人たちに迎えられた。そこには仮設住宅にベンチとテーブルを造って回る活動をしている二人組もきていた(このベンチとテーブルがとても役に立っていることを翌日訪れた仮設住宅で目撃することになる)。

HUGハウスは、カウンセリングやスピリチュアルケアの学びとケアの提供を通じて社会に貢献することを目的に掲げる団体だ。もともと神戸で発足したが、震災後、避難所になった志津川高校から活動を始め、2011年8月に田尻畑にケアカフェ心香(coco)をオープンさせてからは、南三陸に常駐して被災者支援活動を展開しているという。私たちは、HUGハウスが開いている「Come & See IN南三陸」という体験型研修を受けるためにここに来た。

挨拶の後、最初にしたことは自分の通り名を考えて名札に書くことであった。スタッフは全員そうしている。堤さんはHUGちゃん、宇根さんはおしょうさんという具合。これは社会的地位や肩書などを外して、一個の人間として相手に向き合うための準備と思われる。というわけで、私はそれからニ日間は「なおさん」になった。

2012蜊嶺ク蛾匣+029_convert_20120925123943

午前中は、こころのケアと傾聴のためのミニ研修で、「痛むいのち」によりそう心構えなどを学んだ。その中に沈黙の時間(10分間)とアイコンタクト(3分間)が含まれていた。アイコンタクトはペアを作って互いの目を見つめあうというもので、私はHUGちゃんと組になったが、なかなか印象的なことであった。なにしろ普段こんなことはすることはまずない。

この研修では、一段落するごとに全員がコメントを述べて、発見や感想を共有することになっている。「イヌイちゃん」とペアを組んだおしょうさんは、この人はとても正直な人だと思ったという。なかなか本質を突いているではないか。で、私はといえば、最初は何かニュアンスを出さなければならないのかと思ったけれど、そのうち力が抜けて心が静まるのを覚えたので、そういうことを述べた。これに対してHUGちゃんは、「優しさを感じた」と言ってくれた。この辺から、この研修に自分が前向きになるのを感じた。

昼食は、おしょうさんの案内で、おおもり食堂に食べにいった。

午後のプログラムは「町ナビ」であった。スタッフに案内してもらっての見学である。
最初に行ったのは、南三陸町立戸倉中学校である。この中学校は小高い丘の上にあるにもかかわらず、「台形の」波が二方向から押し寄せて校舎と体育館とをつなぐ渡り廊下を破壊した。窓から中をのぞくと、黒板に当時の予定が「3月11日(金)3・4校時卒業式総練習、3月12日(土)第64回卒業式」と書いてある。3・4校時が卒業式の練習であったとすれば、生徒たちは午後は帰宅したに違いない。ということは彼らの多くは自宅で被災した可能性が高い。

2012蜊嶺ク蛾匣+089_convert_20120925164412

はっとしたのは、玄関先のタイルにいっぱい書いてある子どもの落書きの中に次のことばを見つけた時であった。

2012蜊嶺ク蛾匣+090_convert_20120925124337
*「上からめせんで ドラキュラが!」

慌てて自分の心を点検してみる。自分は特に上から目線でも、吸血鬼でもないはずだが… しかしすぐに、これはそういう意味で書かれたものではないと思い当たった。ドラキュラが上から襲ってきた、というだけのことである。よく見ると、周りにそういうホラー系の絵がいろいろ描いてある。子どもはこういうのが好きなものだ。

ただ、想う。被災地には実にいろいろな人間がやってくるだろう。そこではごまかしは通用しない。試されるのは私たちのように外からやってきた人間の方である、と。また、絶対的に足らないとはいえ、被災地復興に巨額の資金が投じられていることは事実である。復興の血液は何といってもお金である。その血液が末端まで行き渡らないうちに、それを吸い上げようとする、それこそドラキュラのような輩がいないともかぎらない。さまざまな復興事業に行政の監視の目がきちんと行き渡っているのだろうか。

それから神割崎(かみわりさき)という景勝地に行って休憩した。この日は暑く、ハウスが用意してくれた冷たい麦茶がありがたかった。この岬にはおもしろい伝説があるのだが、ここでは省略する。それから町に取って返し、災害対策庁舎を訪れた後、ハウスに戻ってミーティング。一日の締めくくりは、やっぱり、というか何というか、お互いを「ハグ」しあうことであった。

特に動き回ったわけではないのに、どーっと疲れて観洋に戻り、夕食と入浴の後、早めに布団をかぶった。






高野山大学の力
 | HOME |