FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

高野山大学同窓会徳島県支部総会

2012年01月25日
月曜日、高野山大学同窓会徳島県支部総会に講師として呼ばれて徳島市に行った。難波のオーサカシティ・エアターミナル(OCAT)から12時15分発の高速バスに乗り、淡路島を通って、14時半頃徳島市駅に到着。会場のホテルへ早めに行くと間もなく支部長の山田師がみえられた。

16時半から1時間あまり「高野山大学ダライ・ラマ法王14世招聘事業報告」と題して話をさせてもらった。

阿波は高野山とは昔から縁が深く、阿波僧侶は高野山真言宗内では一大勢力だ。

私は、K崎君あらためN村君やA石君など、よく知った若手に久しぶりに会うことができてうれしかった。

翌日は、鳥居龍蔵記念博物館を見て帰ろうと思ったが、どうしても時間が合わないので、眉山(びざん)の麓の「阿波踊り会館」で鳴門金時を一袋お土産に買って、早々にバスに乗った。眉山は徳島市のシンボルで、同名の小説が映画やテレビになっている。

鳥居龍蔵記念博物館は、鳴門市にあった時代にゼミ旅行で一度訪れているが、徳島市に移転新築されてからは行ったことがないし、眉山山頂にあるモラエス(徳島で没したポルトガルの元外交官)の記念館もまだだ。他にも徳島には見るべきものが多そうだ。今度は車で出直して来よう。

支部長の山田師、事務局長の上田師には本当にお世話になった。

NEC_0061_convert_20120125190812.jpg
*早朝、JR徳島駅付近の歩道橋から眉山方面を望む。徳島も寒かった。

ある大学教員の日常茶飯
 | HOME |