FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

訃報

2011年12月30日
A路さんが亡くなった。それを知ったのは一昨日の昼近く、「ろうじ」のS賀さんからのメールによってである。それによれば、前の晩がお通夜、その日の正午から告別式で、弔電を打つ余裕もなかった。年が明けたら、時期を見て弔問に行かなければならない。11月にお見舞いに行けたのが、せめてもの慰めだ。

前に書いたように、私はA路さんから大きな研究上の恩恵を受けた。それは私に限ったことではなく、島本久恵の『北旅籠町』のあとがきにもそのようなことが書いてある。島本久恵は詩人河井酔茗の夫人である。酔茗は北旅籠町の生まれで、同じ町内の樽屋のせがれ河口定治郎(慧海)とも親しかったが、その夫人までが昔の堺に詳しかったわけではなかろう。無論文学はその作家のものだが、素材にはA路さんからのアドバイスも含まれていたものと思われる。

A路さんには文化人を後援した昔の堺商人の面影があった。ご冥福を祈りたい。


ある大学教員の日常茶飯
 | HOME |