FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

坂の上の雲 第3部

2011年12月05日
ポイントはやはり乃木愚将論だろうなと思いながら視た。柄本明の乃木大将は、もっさりした鈍重な感じで、かつてこの役を演じた仲代達也や笠智衆とは相当違う。これも演技上の計算かなと思うけれど、それは次回を見ないうちは何とも言えない。

司馬遼太郎の原作以来一般化したかに見えるこの論に対する批判が出始めたのは、日露戦争100年の2004年頃からだったと記憶する。当時の要塞攻撃はああいうやり方しかなかったのだ、あの大要塞をわずか半年で落としたのだから立派なものだ、トンネルを掘り進んで要塞を爆破するなど合理的な作戦を実行しており、やみくもに突撃させて犠牲を増やしたのではない、などなど。

もう一つ、第3軍が203高地に攻撃目標を切り替えたのは、旅順港に立てこもるロシア太平洋艦隊を撃破して、バルチック艦隊との決戦に備えたいという海軍からの強い要請に応えるためであったとされるが、最近言われているのは、この艦隊は、それ以前の黄海海戦と第3軍による山越の砲撃とですでに使い物にならなくなっていたということである。

もしもそうであるならば、「坂の上の雲」や映画「203高地」に見られる、屍山血河の大激戦→203高地占領→観測所の設営→28サンチ砲による砲撃→艦隊の撃滅→→→日本海海戦の大勝利、という日本人にとって「痛快な」ストーリーは崩れることになる。では、あれだけの犠牲はいったい何のためだったのか、ということになるが、203高地でロシア側に大出血を強いたことが早期の旅順開城につながった、などいくらでも理屈はつけられそうな気がするから、この位にしておこう。





ある大学教員の日常茶飯
 | HOME |