FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

リチャード・バートン

2011年08月13日
仕事の合間に『南方熊楠とアジア』に収められた諸論を読んでいる。松居竜五氏が「図書館の中のユーラシア大陸」の中で熊楠に対するリチャード・バートンの影響を指摘し、杉田英明氏が「知識の泉としての『アラビアン・ナイト』」で熊楠とバートン版『アラビアン・ナイト』とのかかわりを考察している。

バートンは、インド学畑の人間には、同じバートン版でも『カーマスートラ』の方でおなじみだ。もちろん往年の俳優ではなく、19世紀イギリスの探検家・オリエンタリストである。

バートンはナイル河の水源をめぐって、かつての同僚ジョン・スピークと争った。この話を題材にしたのが、原題 Mountains of the Moon、邦題「愛と野望のナイル」である。随分前に仙台の映画館で観た。まず原題と邦題とがかけ離れているのに驚いたが、「愛と青春の旅立ち」以来、こんな付け方が当時は流行っていたのかもしれない。これでも、英語をそのまま音写してしまう最近のやり方に比べればよほどましというべきか。

次に驚いたのは、ソマリアで現地人に襲われたバートンが両頬を投げ槍で串刺しにされるシーンで、実に痛そうだった。それでも戦って逃げおおせるのだから、インディー・ジョーンズも顔負けのタフな野郎である。帝国主義時代の探検家はこの位でなければ務まらなかったのだろう。ロマンチックで、かつ荒々しい時代だったのだ。

お盆で御山には参拝客が多い。赤ん坊を連れた若夫婦が、大学正門の掲示板に張られたダライ・ラマ法王の講演会のポスターを指さしながら何かしゃべっている。どうやら大阪舞洲アリーナの講演会に来てくれるようだ。

ダライ・ラマ法王の大阪・高野山大学での講演・法話の予約状況は専用ホームページ(http://koyasan-daigaku.rgr.jp/)に表示してある通り。そろそろ満席札止めになるパートが出てきている。
研究ノート
 | HOME |