FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011年秋、ダライ・ラマ法王講演「人生の困難を生きぬく力」

2011年07月09日
2011年10月30日(日)舞洲(まいしま)アリーナ 午後 講演第2部「人生の困難を生きぬく力」

だれかが震前、震後という言葉を使っていたが、被災者の支援がまったく追いつかない上に、原発事故がまだどうなるかわからないでは、とても震後などと言ってはおられない。われわれは今まさに震中にいるのである。

10月、11月までにそれらがすっかり片付いているとは残念ながらとても思えないから、ダライ・ラマ法王はそういう国家的危機が続いている最中に来日することになる。そしてこのテーマで日本人に語りかけることになる。どのようなメッセージになるのか、興味は尽きない。

実は震災前はこうではなかった。いろいろ出た案の中には、確か、自分を幸福にする生き方、といったものがあったと思う。3.11の前はこれでもよかった。しかし3.11を「経験」した目には、それがまったく色あせて見えた。むろん「自分を幸福に」しようとすることは自然だし、大切なことだ。ただ仏教界では、ここ数年、これと似たようなスローガンが多すぎた。「生活にちょっと役立つ仏教の考え方」、「仏教と遊ぼう」、「仏像はおもしろい」などなど。肩肘はらずに仏教を楽しもうという、この姿勢も悪くないのだが、3.11以後、風は変わったような気がする。今求められているのは、大乗仏教の本道である菩薩道に立ち帰ることだ。別の言葉でいうと、今この多端の秋(とき)に何もできなければ、現代に生きる宗教としては、命脈が尽きているということだと思う。

「人生の困難」としたのは、震災に限らず、間口を幅広く取るため。どんな話になるかは、当日のお楽しみ。ダライ・ラマ法王にお任せだ。


高野山大学の力

2011年秋、ダライ・ラマ法王 in 高野山

2011年07月08日
法王

今回のダライ・ラマ法王招聘の目的は、真言密教とチベット密教が相互に学術と文化の交流を深め、両密教がめざす済世利人と世界平和の思想を学習することにある。そのために、大阪では特別講演、高野山大学では特別法話として各種のプログラムが計画されている。

大阪では、
10月30日(日)10時~16時 舞洲アリーナ
講演第1部「ダライ・ラマ法王 般若心経を語る―空から慈悲へ―」
  第2部「人生の困難を生きぬく力」

高野山大学(松下講堂黎明館)では、
10月31日(月)13時30分~15時30分
講演Ⅰ「ダライ・ラマ法王 青年僧と語る―高野山管長とダライ・ラマ法王が質問に答える―」

11月1日(火)・2日(水)8時~16時
チベット密教 金剛界マンダラ灌頂

11月3日(木)9時~15時30分
講演Ⅱ「ダライ・ラマ法王と科学者の対話」
「高野山大学学長、ダライ・ラマ法王と密教を語る」

*参加のお申し込みについては、http://koyasan-daigaku.rgr.jp/ をご覧ください。
ただし、一般の方々のお申込みは、8月1日からお受けする予定になっています。

次回から、順次各プログラムのポイントを解説します。 
高野山大学の力

この秋、ダライ・ラマ法王が高野山大学に

2011年07月05日
Dalai Lama

この秋、チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ法王14世が、高野山大学の招きで来日され、大阪、そして高野山大学で、講演、対談、チベット密教の金剛界マンダラ灌頂(かんじょう)などを行われる。

詳しくは、高野山大学ホームページ= http://www.koyasan-u.ac.jp/

そして高野山大学ダライ・ラマ法王招聘実行委員会= http://koyasan-daigaku.rgr.jp/

をご覧ください。
高野山大学の力

プリンセスィズ・アザイ

2011年07月03日
今日はもう3日なのに「重大発表」が解禁にならない。困ったものであるが、来週中には何とかなりそう、ということでご勘弁を。

最近、『文春』とか『新潮』とか、元来喫茶店で読むものと相場が決まっていた週刊誌を自分で買う癖がついてしまった。それは第一には震災関連記事を読むためなのだが、根がケチん坊の私は、もちろんすみずみまで読んでしまう。そんな中に、阿川佐和子が万城目学にインタビューした記事があった。万城目氏といえば、数年前のTV番組「鹿男」では楽しませてもらったが、記事から伝わってくるのは、まさに「そのまんま」のお人柄であった。「時代物らしからぬ時代物を書く」というのが本人の望みとのこと。「プリンセス・トヨトミ」も、DVDになったら見せてもらおう。

「プリンセス・トヨトミ」があれば、「プリンセスィズ・アザイ」(浅井家の姫たち)もありだ、というわけで、近頃視た1話5分で「江」が分かるというNHK制作の番組の感想でも書こうと思ったけれど、念のためネットを検索したらいろいろな感想がすでに大量に飛び交っている様子なので止めておく。


 

ある大学教員の日常茶飯
« Prev | HOME |