FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

日曜日のコロンボ

2011年03月31日
3月28日(月)午後6時から同志社大学神学館でK-GURSの評議員会があった。最後に退任のあいさつをして肩の荷を下ろす。この2年間に一番印象に残ったことは、各大学院の担当者によるチェーンレクチャーが始まったこと。これは来年度も大谷大学から同志社大学に場所を移して続けられる。評議会議長の仕事はこれで終わったが、評議員としては残るので、当分、K-GURSの運営には関わることになる。

3月29日(火)午後2時から京大人文研で研究会を行う。今回は公募の研究班と現代インド地域研究との合同開催となった。加瀬澤雅人さんがアーユルヴェーダについて発表してくれた。山下さんが震災の影響で来られなくなったので、加瀬澤さんの前座のつもりで、「明治セイロン留学生の足跡 報告」を、先日のスリランカ調査を踏まえて、スライド中心に行う。研究会は5時半過ぎに終了。
そのあと夕食会と称して飲み会。初めての人が何人か参加した。終わって、タクシーを拾い、烏丸御池のホテルにチェックイン。

翌30日は10時ぎりぎりまでホテルで過ごし、それから地下鉄とバスを乗り継いで人文研に行って残務整理をする。それが3時過ぎに終わり、ようやく帰途についた。

 *         *         *        *   

さてさて、話はコロンボ到着の翌日、つまり3月13日(日)に戻る。
日曜日のコロンボは、ウィークデーの雑踏と渋滞が嘘のように静まりかえっている。店も軒並みシャッターを下ろしている。行動は明日からにして、今日はゆっくり過ごして、暑さに身体を慣らすことにする。

午前中はフォート地区を散策する。フォート(砦)の名の通り、ここはポルトガル人、オランダ人、イギリス人が築いた要塞から発展した町で、官公庁、銀行、オフィスなどが集中している。

ガンガーラーマ寺を覗き、チャタム・ストリート近くまでトゥクトゥクに乗り、それから海岸通りをぶらぶら歩き、オランダ人の建てた病院の跡を見て、ホテルに戻る。

僧院の象
*ガンガーラーマ寺にいた象。その牙の長いこと長いこと。これじゃずいぶん重いだろうねえ。たまには↓こんなことしたくならないのかな。
象ジャータカ
*ウェヘラヘナ寺(マータラ)に描かれたジャータカ物語の壁画より。牙を自分で切って人に与える白象(もちろん重いから切るんじゃありません。念のため)

蛇使い
*こちらは、おなじみ蛇使い。しきりにここに来いと呼ぶが、そんなところに誰が行くものか。しまいには「毒はないよ」と言い出す。正直な奴だ。でも、行くのはいやだ。

フォートの大砲
*フォートの海岸通りに据え付けられた昔の大砲。

海岸道路
*海岸道路を走るトゥクトゥク(スリーウィーラー=三輪車)。市民の便利な足だが、外国人には高額料金をふっかけることが多いので注意を要する。


3時過ぎまで部屋で身体を休めてから、歩いて隣のペター地区に行く。ここはコロンボを代表する繁華街で、日曜でもけっこう賑わっていた。書店で本を買い、食堂でコーラを飲んで渇きをいやす。
フィールドワークの記録
 | HOME |