FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

平山郁夫画伯の絵

2009年12月02日
IMG_1011.jpg
*これはバングラデシュの村娘の写真

平山郁夫画伯が逝去された。別に面識らしい面識があったわけではないが、去年の今頃、さる論文の審査員として同じ立場になったことが御縁と言えば御縁であった。
講談社学術文庫版の『チベット旅行記』のカバーが平山先生の絵であるのも、うんと間接的な縁かもしれない。それにしてもよくああいうことができたと思う。今度高山龍三先生にいきさつを聞いてみたい。

初めて西シッキムに入った時、山々の頂にゴンパがあるのを見て、平山先生の描く仏の国ブータンのようだと思ったものだ。しかしもっと印象深いのは遊牧民の少女を描いた小品だ。あの絵は私のロマンの原点の一つと言ってもいい。
御冥福を祈りたい。
ある大学教員の日常茶飯
 | HOME |