FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

河西回廊の旅(4)

2009年09月30日
 昨日の問題には、東北大の菊谷君が見事に答えてくれた。
 右がサキャ派の大ラマ、サキャパンディタ
 左が西涼王クテン(オゴデイ・ハーンの息子)

 1247年に二人が涼州(現・武威)で会見したことによって、チベットはモンゴルの無慈悲な攻撃を免れ、かえってモンゴル布教のきっかけをつかんだ。彼の甥、パクパはやがてフビライ・ハーンの信任を勝ち得て、チベットにサキャ時代をもたらす。しかしチベットの大ラマとモンゴルの王侯との親密な関係は、長い目で見ればチベットの独立を脅かす危険性をはらんでいた。とまあ、こういう訳で、これは歴史的な会盟であった。

だがそれにしても、今になってこの会盟がこれほど言挙げされるのは、これを「民族団結」の先例と見るかららしい。
白塔寺は信仰の場というよりは新しい観光スポットとして開発が進められているように見えた。

武威は田舎町だが、バザールに活気があり、食堂の飯もうまくて安い。ただビールを頼んでも、おちょこのようなグラスを出してくるのは困る。これでビール飲んでもうまかない。もっと大きいのを持ってきてくれというと、それがワイングラスになってしまう。


8月28日は武威に滞在し、雷台漢墓、羅什寺塔、大雲寺、武威市博物館、文廟、西夏碑を巡る。
2009.8-9河西回廊 593
*羅什寺塔。大翻訳家として知られる鳩摩羅什(くまらじゅう)の舌(舌舎利)などが内蔵されているという。鳩摩羅什の遺体が火葬にふされたとき、その舌だけが焼け残って、生けるが如くだったと伝えられている。「舌先三寸」ならば私も負けないが、こういう結構な舌は持ち合わせていない。あやかりたいものである。なおこの塔は1927年の大地震で被害を受け、その後修復された。建築の専門家S沢先生の見立てでは、3層くらいまでは古く、それから上は新しいようで、地震で塔身が途中から折れたと見られるという。これは塼(せん)のサイズや小口の積み方から分かるそうで、さすが専門家と、「舌を巻きました」。おあとがよろしいようで。





フィールドワークの記録
 | HOME |