FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

なんだ、そうだったのか

2009年07月21日
浅田次郎の『ま、いっか。』を読んで、私は、ひとつ、しまったと思ったことがある。

私は浅田氏の熱心な読者というわけではないが、枕元には彼のエッセイ集『勇気凛々瑠璃の色』が何冊か置いてある。
その中でおもしろいのは、浅田氏の作家としての猛烈な仕事ぶりである。そのため私は、浅田氏は、今もあんな風な生活しているものと思い込んでいた。そして、ジャンルこそ違え、その道のプロたる者、この位のことはしなければならないと思っていた。

ところが、である。

『ま、いっか。』から窺われる最近の氏の生活は、早寝早起きの健康第一オヤジのそれなのである。

考えてみれば当り前であろう。氏が直木賞を取ったのが何年前かは知らないが、当時と同じ生活をしていたのでは、とっくにどうにかなっている。氏は健康に留意して、できるだけ長生きし、自分の作品のあちこちに冗談めかして書きつけてある文化勲章を本気で狙っているのかもしれない。

なんだ、そうだったのか。

私もこんをつめるのはたいがいにしよう。
ある大学教員の日常茶飯
 | HOME |