FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ヴィータ先生の研究会

2009年06月08日
 人文研で開かれるヴィータ先生主催の研究会にでかけた。
 ヴィータ先生は京都にあるイタリア国立東方研究所の所長である。

人文研に着くと、何となくいつもと様子が違うので、田中先生の研究室を覗いたが、まだ来ていない。
エレベーターで、I 葉先生とはちあわせ。
「あれ、今日は?」の一言で、ヴィータ先生の研究会=「コンタクトゾーン」拡大研究会の思い込みが間違いだったことに気づく。あちゃー!

「ヴィータ先生の研究会に来たんですが、50パーセントくらいは田中先生の研究会と同じことかと思いこんでて」
「そう思った人は他にもいるようですよ。まあ、ヴィータさんが喜ぶからいいんじゃないの」

考えてみれば、そのとおりである。

実はこの研究会、これまでにもヴィータ先生からたびたびメールでお誘いを受けていたのだが、これまでは午前10時からの開催だったので、物理的に出席不能だった。それが今回から3時からになって、その気さえあれば、出ることができるようになったというわけである。

研究会の趣旨は、近代日本における異文化接触をケーススタディーを通して探るというもの。
今回は、ヴィータ先生のイントロダクションに次いで、アンドリュー・エリオット氏による「チャールズ・ロングフェローの日本旅行」とベルテェッリ氏による「若きウゴ・ピサと米公使デ・ロングの北海道・東北視察旅行について」という二つの発表があり、なかなか興味深かった。

間違えてよかった、としておこう。ヴィータ先生も喜んでくれたようだし。

研究ノート
 | HOME |