FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

最近の印象に残った対話

2008年11月17日
その1

私「神田君、書簡?×は消えたから」
神田「それはいったいどういうことですか!」
私「これは独立した一書ではなくて、前の書簡の追伸なのだ。その理由は、ああだ、こうだ、ああだ、こうだ(以下20行省略)、という訳だ」
神田「でも、これまで私たちはこれを独立した書簡として扱ってきたわけで・・・」
私「それが間違いだったんだなあ。まあ、事実は事実だ」
神田「何とかならないですか」
私「なるわけないじゃないか。こういうのは素直に認めなきゃ。クックック・・・」
神田「あんまりだ?!!(といいながら走り去る)」

その2

神田「先生、これ見てください(と、ひらひらした紙を渡す)」
私「なになに、ガクシ・・?ああそうか。神田君、気を落とすんじゃないよ。もともと難関なんだから」
神田「何言ってるんですか!よく読んでください」
私「・・・・ん? ?! へええ、やったじゃないか。よかったなあ!」
神田「ありがとうございます。これでしばらくはなんとか」
私「まあ、気を引き締めてしっかりやるんだ。これでとうとうキミも、クマグスから一生足を洗えなくなったというわけだ」
神田「(照れながら)いやあ、それほどでもぉ(←言われたことの意味を考えていない)」
私「よし、それじゃ、お祝いに」
神田「お祝いに?」
私「読み合わせやるぞ!」
高野山大学の力
 | HOME |