FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

熊楠邸にて

2008年10月26日
旧熊楠邸の裏手に回ると、珍しくH本さんがいない。例によって、縁先に腰を下ろして、ぼんやりと、小雨の降る庭をながめた。
 餌になる木の実が多いせいか、鳥たちが樹から樹へと飛び回り、うるさいほどさえずっている。
 
 奥から着物を着た男がふらりと出てきて、座敷に座った。
「おもしろいか」
 私は、その口ぶりのおうへいさにムッとして、「別に」と答えた。
すると男は言った。
「ならば、なぜお前はそこにいる」
 
 これは剣呑な奴だ。

「仕事さ」
「仕事とは何だ」
「食うためにやることが仕事じゃないか」
「するとお前は食うために学問をやっているのか」
「そういってしまうとみもふたもないが、プロとはそういうもんだろう」
「つまらん奴だ。だから西洋人の受け売りのようなことしかできんのだ」

私はあらためて男の顔を見た。やけに鼻が高い。いや、高いというより長い。なるほどこれは「てんぎゃん」(天狗やん)だと思いながら、私は逆襲に出た。

「他人のことが言えた義理か。あんただって、土宜法龍に得々と語ったことはたいてい西洋人の受け売りじゃないか」
「いよいよつまらないことを言う。あれは法龍が言って欲しいと思っていることを言ってやったまでのことだ。坊主のくせに外国人ばかり気にしていたのでね。それよりさっきからわしが知りたいのは、お前が何者で、何のために学問をやっているかということだが」

だんだん面倒になってきたので、私は目を覚ますことにした。

気がつくとそこはパークサイドホテルの一室である。昨夜は、会議終了後、T村さん、M川さん、N尾さんと田辺駅近くの居酒屋で飲んで、ここへもどるなりバタンキューだった。たまたま隣室だったT村さんは当然のことながら出発した後である。
朝食をとり、風呂に入ってから、チェックアウトして、顕彰館に向かう。M川さんたちに会い、館長の中瀬先生に挨拶し、資料を見せてもらい、それをDVDに入れてもらって帰途に就いた。

ある大学教員の日常茶飯
 | HOME |