FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

高野山大学の力 密教研究会学術大会

2008年06月20日
密教研究会ちらし

密教研究会は、密教研究を旗印にした全国学会である。もっとも母胎は高野山大学にあり、事務局もここに置かれていて、学術大会も、例年、高野山大学を会場に行なわれている。
今年は7月18日、19日に開催される。
初日にはシンポジウム「仏教新潮流と密教」があり、これは入場無料、どなたでも聴講、参加できるので、興味のある方はどんどん来て欲しい。
その趣旨は次の通り。

 現在アジアの、そして世界の仏教地図を大きく塗り替えるような新しい動きが澎湃として興っている。殊に社会参加を活動の柱とする仏教運動の台頭が著しい。このような世界仏教の新潮流に学びながら、密教と密教学の今後の方向性を考える。

 その内容は、

基調講演が大谷大学のロバート・ローズ先生、演題は「アメリカ仏教の新潮流―エンゲイジド・ブディズムを中心として―」
パネリストとしての参加者は、蓑輪顕量(愛知学院大学)、田中智岳(高野山真言宗国際交流センター理事)、室寺義仁(高野山大学教授)の各先生で、司会は私がうけたまわっている。

もともとこのテーマは私が出したものだが、当初の意図を遙かに超えた広がりを持つものになりそうな期待が持てる。今から楽しみである。







高野山大学の力
 | HOME |