FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

明治のスリランカ留学生

2008年04月30日
 スリランカは理屈ぬきでいいところだ。
 ただ私の関心は、明治時代にこの島に渡った日本人留学生たちにある。
 一番早い例は、明治19年秋に渡島した真言宗の釈興然(しゃく・こうぜん)である。彼は、セイロン島南部の僧院とコロンボの仏教学院で修行と学問に励み、3年半後に、おそらくは日本人で初めて、上座部の正式な比丘になった。彼のスリランカでの僧名はコーゼン・グナラタナである。
 7年後に帰国し、横浜の三会寺(さんねじ)に戻ると、ここを拠点に、日本に上座仏教を移植しようとした。この試みは結局はうまくゆかなかったが、スリランカ上座部と日本の大乗仏教の交流という仏教の歴史始まって以来の事業を推し進めた彼の功績は大きい。
 彼の寺には河口慧海や鈴木大拙も一時ワラジを脱いでいた。慧海などは、寺の業務を代行していたことさえあるらしい。
 こういうことは裏面史と思われがちだが、意外に日本近代仏教史の根幹につながっているてごたえを感じている。
 
研究ノート
 | HOME |