09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

上海にゆく前に

2017年10月09日

10月9日(月曜日)体育の日

来週の月曜日から3泊4日で上海に出張する。目的はある検討会に参加することだ。実はどういった業務になるのかよく分からないのだが、とにかく行った方がいいと判断した。ついでに蘇州の古蹟を視察することになっている。上海から新幹線に乗るのだとか。時間が余ったら上海のバンド(外灘、旧租界)を見物したいとリクエストしている。


その前に目鼻を付けておかなければならない仕事があって、連休なのに昨日の夜から御山である。昼に梵恩舎に香琲を飲みに行ったら、ベロちゃんが詩画集のようなものを2冊くれた。時々描いているのを見たから、仕事の合間に描きためては冊子にしているのだろう。ありがたく頂いてまたオフィスに戻った。夕方、チョウさんがやってきた以外、大学ではほとんど誰にも会わない1日だった。

bero_convert_20171009204822.jpg

*2冊の表紙を合わせるとなんだかひとつに繋がって見える。「夜がやってきた」と「ほたるのゆめ」。ベロちゃんらしい、かわいらしい題がついている。

ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

ノーベル文学賞

2017年10月06日

10月6日(金)

今年は科学三賞の日本人受賞がなかったので、文学賞に期待して、ネットでライブ中継を見ていた。読み上げられたのは、「Kazuo Ishiguro」。イギリスの著名な作家であり、両親とも日本人であるが、テレビのニュースで見た氏の印象は英国人そのものであった。


思い出したのは、一昨年、東京の講演会で山折哲雄先生が、日本でテレビドラマ化された「わたしを離さないで」(綾瀬はるか主演)に触れておられたことであった。視聴率は高くなかったようだが、注目してよいものだと。先生の鋭さに今さらながら感服した。


本屋さんたちの祭が一段落した後、ゆっくり読んでみることにしよう。

ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

映画

2017年10月02日

10月2日(月)

昨日、TOHOシネマズ泉北で「エイリアン・コヴェナント」を見た。感想は… 1作目が当たってシリーズ化された映画の中に1作目を上回る出来の作品はまずない。「エイリアン」もまたその例外ではなかったというところ。


家人は「サーミの血」を推奨しているのだが、昨日はテアトル梅田まで出かけてゆく気力が湧かなかった。そこで「エイリアン」か「ダンケルク」かとなって、勝っことが決まっている連合国軍の苦労話などよりは「エイリアン」の方がましかなと思ったのである。


映画は好きである。映画が始まる前にBGMの流れる館内で何も映っていないスクリーンを見つめている時のどきどきする感じは昔も今も変わらない。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

日本宗教文献調査学 合同研究集会

2017年09月25日

9月25日(月)

今日から後期の授業が始まった。


土日を利用して、慶應大学で開かれた「日本宗教文献調査学 合同研究集会」に参加した。いわゆる聖教(しょうぎょう)を中心とした文献の調査とデジタル化が中心テーマの報告会で、関西在住の学者・研究者が大挙して東京に集結した観があった。私にとっては畑違いもいいとこだが、現在高野山大学は、私立大学ブランディング事業の補助金を受けて、「高野山アーカイブ」の構築を進めている。今回の出張は、そのための情報収集の一環であった。実際、収穫は公私ともに多かった。すでにブランディング事業で関係のある業者の発表や展示もあり、その責任者との名刺交換も仕事のひとつであった。


初日が終わった後、三田線で巣鴨まで行き、こどもたちと会食して大塚に泊まった。2日目は9時半に慶應に行ってポスター発表を見たが、そこでもちょっとした出会いがあった。その後、東博に行って「マジカル・アジア展」を見た。東博は、「運慶展」を前にした小休止のような状態で、ゆったり見学ができた。チベット仏教の金銅仏が目当てだったが、それよりも「エジプト死者の書」に目が行った。印仏研でゴルドンについて発表した後だけに、これは止むを得ない。


___convert_20170929132845.jpg

*雌ライオンの顔を持つセクメト女神


ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

一山越えて

2017年09月19日

9月19日(火)

昨夕ようやく印仏研(印度学仏教学研究)の原稿を送り、初夏から続いてきた長い道のりに一区切り付けた。印仏は発表から原稿締め切りまでの期間が短く、締め切りは厳格なので、この時期は毎年大わらわとなる。去年は、他の用事も重々あってのことだが、締め切り日に東京の学会事務局まで原稿を持参するという「醜態」を演じてしまった。二年連続にならなかっただけ、進歩である。


印仏研は、割り当て頁は多くないが、斯界では最も権威のある学術雑誌である。印仏学会(日本印度学仏教学会)で発表して、印仏研に投稿する。学問を続けているかぎり果たさなければならない義務である。


今日は、乱雑になった机回りをきれいにして、たまっている雑用を片付けよう。それが終わったら、「次の山」である。


10月25日に高野山大学で歌舞伎の市川染五郎さんの講演がある。詳しくは大学HPを。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)
 | HOME | Next »