05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

免許更新

2017年06月23日

6月22日(木)

運転免許証の更新のため光明池の試験場に行った。5年に一度のお務めである。

講習の中で自己診断をしたら、「自己中心的運転」と「ながら運転」で事故傾向、違反傾向ありとの診断結果が出た。こういうのを甘く付けてもまったく意味がないから、厳しめに評価した。自戒、あくまでも自戒である。


運転免許を取得してから数十年。幸い自分から事故を起こしたことは一度もない。これからも安全運転を続けよう。

___convert_20170623074521.jpg

*6月23日(霊宝館横)


ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

今日でまたひとつ

2017年06月19日

6月18日(日)

いつもの通りの日曜日。午後、大仙公園の堺市博物館に「企画展 富岡鉄斎―和泉国 茅渟海畔(ちぬのうみのほとり)の寓居にて―」を見にゆく。鉄斎は40代の一時期、堺の大鳥神社の宮司をしていたことがある。それにちなんだ展示で、規模は小さいが、明治10年の明治天皇の行幸に備えて調査・制作された「堺県行幸道筋官幣大社御陵位置図巻」や土屋鳳洲を始めとする堺の文人たちとの交流を示す「茅渟海晩景図」など、興味深い作品があった。


伸庵で抹茶を頂いて帰った。


6月19日(月)

朝からメールを出したり、コピーをしたり、会議をしたりしていたら、いつのまにか夕方が来た。梅雨に入っても晴天が続いている。高野山の紫陽花はまだ青い。今日でまたひとつ年を取った。


>>続きを読む・・・
ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

スリランカ上座部の大長老

2017年06月07日

6月5日(月)

スリランカのムルッテットゥウェー・アーナンダ長老が来学された。高野山にはアヌラーダプラの菩提樹からの植樹で来られた。スリランカ上座部と真言宗とは、1886年に横浜三会寺の釈興然師がセイロンに留学して以来、関係が深い。そういうことをお話すると、長老は大変お喜びの様子であった。


長老からは、本学の印象として、学舎が清潔で、人々が親切、というお言葉をいただいた。


今スリランカでは、記録的な豪雨によって多くの犠牲者が出ている。2011年の東日本大震災では、スリランカの人々も被災者の救援に力を尽くしてくれた。幾分かのお返しをするチャンスかもしれない。


ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

週末

2017年06月04日

6月2日(金)

ウセルさんのチベット語会話の授業が終わってから、彼にウメーの書き順を習った。来週は、チベット文字の草書に当たるキュイを習う予定。このため、チョウさんの梵語を使う授業は中止とした。それを告げた時のチョウさんの嬉しそうな顔といったらない。つい、「ハオハオ、シェーシー」(よく勉強し)と言ってやったら、

「ティェンティェン、シャンシャン」(日々向上するように)と応えた。分かっているならよし。息の合った師弟である。ちなみに、この標語は毛沢東のものだという。Lさんは「もう若い人は誰も知らないだろう」とのこと。そういえば、「初恋のきた道」でも、教室に貼られたスローガンや肖像画が替わったり、なくなったりしていくことで、時代の変化、時の流れが表現されていた。


6月3日(土)

中之島の大阪府立図書館に新聞のデータベースを使いにいった。ついでに、大阪市公会堂前の広場で開かれていた「蔵出しワインバー」なるイベントに紛れ込み、かんかん照りの夕方、川をながめながら、ワインならぬ、地ビール(淀川ビール、箕面ビール)で喉を潤した。

beer_convert_20170606071004.jpg

*箕面ビール4種飲み比べセット


6月4日(日)

いつも通り遅く起きて、ちょっとウォ―キングし、駅前でコーヒーを飲んで戻って、お昼ご飯。3時過ぎから久しぶりに北旅籠町に出向き、S賀さんに「ろおじ」を開けてもらってしばし歓談した。

とにかく、土日はしっかり休まないと身体がもたん。

ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)

好好学習 天天向上

2017年05月31日

金曜日に張芸謀監督の「初恋のきた道」(原題:我的父親母親)を録画で見た。これでブレークしたチャン・ツィイー(章子恰)が着ぶくれた姿で走るさまは、純情な田舎娘そのものだ。

映画の中の現在は1999年。語り手である息子の両親が出会ったのはその40年前であるから、文革ではなく、反右派闘争が時代背景と推察される。この監督らしく、声高に叫んだりはしないが、父親の期待を裏切って教師にならず、都会で商売をやっているらしい息子に、急死した父親が40年間立ち続けた教壇に一度だけ立たせる演出は、豊かになっても、親の世代の苦労を忘れてはならないというメッセージであろう。

その教室の黒板の左右にはってあったのが次のスローガンである。


「好好学習 天天向上」(ハオハオ、シェーシー、ティェンティェン、シアン、シャン)


これだ、と思い、授業中にチョウさんのために黒板に書いてやった。チョウさんによれば、どこの小学校でも見られるものだという。とても喜んでいた(ように見えた)。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)
 | HOME | Next »