05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

地獄大夫

2017年06月18日

6月17日(土)

嵐電に蚕ノ社(かいこのやしろ)というかわいらしい名前の駅がある。蚕ノ社は近くの神社の名前であり、正式には木嶋坐天照御霊(このしまにますあまてるみたま)神社という。本殿東側に織物の祖神を祀る蚕養(こかい)神社があり、蚕ノ社の名はこれにちなんでいる。

蜀咏悄_(4)_convert_20170618090942

そこに三柱鳥居を見に行った。これは文字通り、三本柱の珍しい鳥居で、三方から拝めるようになっている。これをネストリウス派キリスト教と関係づける説が前からあって、この神社の説明板にも「一説」として紹介されている。私の前に、カップルが来ていて、写真を撮っていた。ひょっとすると、心霊スポットのひとつとされているのかもしれない。


帰途、京都駅まで行き、伊勢丹7階のミュージアム「えき」で河鍋暁斎展を見た。3月に東京に行った折、渋谷のBUNKAMURAまで行く気力がわかなかったのを、この機に取り返したのである。全部よかったと言っていいが、なかでもポスターにも使われている「地獄大夫」はすばらしかった。図録に加えて、絵はがき、一筆箋など「地獄大夫」グッズを買って帰った。帰りの電車の中で図録の解説を見たら、地獄大夫は泉州堺は高須の遊女ということになっている。何だ、ご近所じゃないか。

蜀咏悄_(5)_convert_20170618091040


フィールドワークの記録 | トラックバック(0)

大元公園

2017年06月16日

1時間ほどで大願寺を辞し、小雨の中、向かったのは宮島歴史民俗資料館である。ここの学芸員のTさんには予め連絡していろいろ教えてもらっていたが、Tさんはこの日は不在。代わりに館長さんが出てこられたのには恐縮した。

DSC_0838_convert_20170616130408.jpg

*豪商の町屋を利用した作りで、展示物に見るべきものが多い。そのうちまたゆっくり来たいものだ。


最後の目的地は、大元(おおもと)公園内の国民宿舎みやじま杜の宿である。その敷地が宮島ホテル(1912年創立)のあった場所であり、宮島ホテルの前は、宮島みかどホテル(1906年創立)、その前は料亭旅館白雲洞があった。みかどホテルは、神戸にあったミカドホテルの分店のようなものであった。ちなみに神戸のミカドホテルは元は後藤旅館と言った。明治36年5月に第1回チベット旅行から戻った河口慧海が神戸上陸の日に宿泊したのはここである。


宮島ホテル(みかどホテル)は外国人観光客を当て込んで西洋式の設備を持っていた。ゴルドンが避暑に来て泊まっていたのもこのホテルである。

DSC_0842_convert_20170616130454.jpg

国民宿舎は大元浦に面している。大元浦は1555年の厳島の戦いの際に陶晴賢(すえはるかた)軍の上陸地点となった。厳島の戦いは、毛利元就軍4000が陶軍2万を破った戦いとされているが、行きしなに読んだ秋山伸隆「厳島合戦再考」(『宮島学』)によると、陶軍2万は盛りすぎ、毛利軍4000は逆に少なく言い過ぎであるとのこと。毛利元就の知略を際立たせるための作為か。いずれにしても、両軍合わせれば2万人にはなったであろう軍勢がこの平地の少ない険しい地形の島の中でよく戦ったものである。


今回の旅はここまで。表参道に戻り、「広島焼牡蛎スペシャル」とビールでお腹を満たして帰途に就いた。実は大聖院など訪れるべき所はまだ残っている。来月、能海寛研究会の帰りにでも寄ろうかと今考えている。


フィールドワークの記録 | トラックバック(0)

紅葉の谷

2017年06月16日

帰りは紅葉谷(もみじだに)の登山道を下った。他の二つ、大聖院コースと大元公園コースは、いずれも2時間はかかるという。1時から大願寺を訪ねる約束をしていたので、1時間ほどで紅葉谷公園まで下れるというこのコースを選んだのである。それにこの谷は景観がことに美しいらしい。

ところがこのコース、石段は整備されているものの、段差は大きく、したがって傾斜も急で、膝や足首の負担はかなりのものであった。

途中、まちがって左足を捻り、しばらく石段に坐りこんだ。もしもここで骨折したら、担架で運んでもらわなければならない。一瞬ぞっとしたが、痛みは次第に薄らいでゆく。骨折ではなく、軽い捻挫だ。それからは、ゆっくりゆっくり進んだ。

DSC_0793_convert_20170616125439.jpg DSC_0794_convert_20170616125550.jpg


DSC_0809_convert_20170616125900.jpg DSC_0823_convert_20170616130046.jpg

渓流は自然のままではなく、堰堤がいくつも設けられている。紅葉谷公園の看板で知ったことだが、昭和20年9月、枕崎台風によって、この谷に土石流が発生し、厳島神社の境内まで埋めたそうである。こうして管理しなければ人里が危ないのである。

DSC_0829_convert_20170616130316.jpg

*紅葉谷公園の入口近くにある老舗旅館、岩惣本店。1893年8月にこの島を訪れたオーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公も岩惣に宿泊した(天野みゆき「外国人が見た明治・大正期の宮島」、県立広島大学宮島学センター編『宮島学』渓水社、2014年)。1914年6月28日、サラエボで暗殺され、それが第1次世界大戦のきっかけとなった人物である。


ようやく町に戻った時には、ジャケットが汗でずっくり濡れていた。昼食を取る時間はないので、売店の隅のカフェでコーヒーを飲みながら時間を調整し、1時に大願寺を訪ねた。

DSC_0834_convert_20170616130227.jpg


弁財天のお寺として知られる大願寺は高野山真言宗に属し、住職の平山師は高野山大学の卒業生だ。ご祈祷で忙しい中、私のためにわざわざ時間を取って下さった。

ここを訪ねたのは、かつてこの寺の住職であった松峯光典師に関する話を伺うためである。松峯師は安政5年紀伊国湯崎の出身で、明治29年に大願寺の住職となり、この寺の荒廃を挽回した傑僧である。ゴルドンもまた松峯師の教えを受けている。このことについてははっきりしなかったが、松峯師に関する興味深い話を数々聞くことができた。宗派ネットワークは有り難いものだ。




フィールドワークの記録 | トラックバック(0)

消えずの霊火

2017年06月14日

ゴルドン夫人は、その著『弘法大師と景教』の中に次のように書いている。

「予は1日彼の快絶奇絶なる森林を過ぎ、絶壁を攀ぢ、山の頂上に達して一の巨大なる聖火を見たり。こは実に予が世界周遊中に於て見たる最も奇異なるものなりき」


宮島ロープウェイが開業したのは1959年である。それまでは徒歩で登るしかなかった。夫人が登ったのは、大聖院そばからの登山道、あるいは、滞在先のみかどホテル(のちの宮島ホテル)のあった大元公園からのそれであったと思われる。60歳に近く、かなり肥満していたはずの夫人にとっては、つらい登山であったと察せられる。


夫人を驚かせた「巨大な聖火」とは、霊火堂の「消えずの霊火」である。1200年の昔、この地で修行された弘法大師が点じた護摩の火が今日まで絶えることなく燃え続けている。この火には大茶釜がかけてあり、その湯は万病に効くと信じられている。私も一杯頂いた。

DSC_0787_convert_20170614085107.jpg

*霊火堂。内部の写真は敢えて掲げない。


そこからさらに登り、三鬼神を祀る三鬼堂などを経て、

DSC_0731_convert_20170614190303.jpg

「くぐり岩」をくぐり、ついには頂上へ至る。

DSC_0748_convert_20170621070910.jpg


弥山の頂上は巨大な磐座(いわくら)で、神々が降臨するのにまことに相応しい場であった。標高はわずか535メートルだが、いやはや、登りでのある山である。登山道が今ほど整っていなかったことを考えれば、ゴルドンの「絶壁を攀ぢ」という表現も決して大袈裟ではない。


残念ながら、この日は眺望がよくなかった。しかし、霊火を見たのと、それからゴルドンが発見したという「ダブルアックス」が何であるかも見当をつけることができて、私は満足して下山にとりかかったが、大変なのはそれからだった。





フィールドワークの記録 | トラックバック(0)

弥山に登る

2017年06月14日

宮島の山中でいきなりトレッキングした後遺症でしばらく足の痛みに苦しんだ。


6月11日(日)

朝食の後で散歩した。潮が満ちて、大鳥居はお馴染みの姿に戻っている。

DSC_0654_convert_20170614084704.jpg

DSC_0655_convert_20170614083007.jpg

秀吉が建てた千畳閣を外からながめてから町に下りると、伝統的な町屋が立ちならぶ、その名も町屋通りに出た。土産物屋や食堂が密集する表参道とは対照的なたたずまいで、ゴルドンらが行き来した100年以前の雰囲気をわずかながら留めていると感じられた。


8時40分、ホテルに迎えにきた無料送迎バスでロープウェイの駅に向かう。駅は紅葉谷公園の奥にあった。空中から眺めると、山々は原生林と呼んで差し支えないような深い森に覆われ、処々に奇岩が顔を出している。

DSC_0679_convert_20170614084911.jpg


ロープウェイを二つ乗り継いで、獅子岩駅に着くと、そこからは上り下りのきつい山道を徒歩である。

DSC_0693_convert_20170614091406.jpg

*途中に見られる「天然記念物 濔山原始林」の標柱と表札。

表札には、ドイツの著名な植物学者アドルフ・エングラー(1844―1930)が大正2年にこの地を訪れ、貴重な植物に感激して、「できるならば一生ここに住んでここで死にたい」と述べたということが書いてある。

フィールドワークの記録 | トラックバック(0)
 | HOME | Next »