10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

高貴寺再訪

2017年11月14日

11月14日(火)

埼玉のKさんが堺に来たので、昨日、慧海関連の場所を中心に堺を案内したあと、1年ぶりに高貴寺まで同行した。よく晴れて気持ちのいい1日だった。

高貴寺に着いたのは午後。挨拶のあと、すぐに「字を書きましょう」となった。私は心身共に消耗していたので、大筆を振るう気力はない。断ろうと思ったが、墨すりから始める住職のペースについつい巻き込まれて筆を取った(墨をするなど何十年ぶりだろう?)。案の定、最初の棒一本は途中で息切れした。位地取りが悪かったせいだが、これが今の自分の姿だと納得した。二枚目は観音の六字真言を、三枚目は空性の語をそれぞれチベット文字で書いた。少し気が晴れた。


「奥之院を見にゆきましょう。空性があるかもしれない」

高貴寺の裏山は、秋の台風による土砂崩れで無残な有様だった。巨木が折り重なって倒れて根をさらしており、土砂が下の池近くまで押し寄せている。住職は、「木が倒れて見通しがよくなりました。高野山も見えるかもしれない」と平然としたものであったが、復旧にはたいそうな時間と費用がかかりそうだった。


それでも奥之院は健在だった。御影堂を拝してから、廊下続きの方丈を見せてもらう。

「慈雲尊者が住んでいた部屋です。できれば私もここに住みたい」

私は、まだ若手の部類に入るこの人が、冬場は極寒となるであろうこの部屋で質素を通り越した何もない生活をしている様を想像した。それは悪くない光景だった。江戸の巨人的学僧、慈雲尊者飲光(じうんそんじゃ・おんこう)に対する憧れは私の中にもある。来年は尊者生誕300年だ。


「今度は学生を連れてきますよ」

Kさんを堺東駅まで送って帰途に就いた。








初めてこのブログを読む方へ | トラックバック(0)

科研

2017年11月09日

11月11日(土)

水曜日が科研費申請の締め切り日で、申請書類を出すのにぎりぎりまで悪戦苦闘した。科研費は税金で賄われるものだから、たいへんなのは当然と思わなければならない。当たればよし、当たらなくても、申請書を書くのは、自らの研究姿勢を正すのには効果的だ。書類を書いているうちに、通りたいという思いが強くなる。また本当に通るような気もしてくる。だが、結果は来年4月にならなければ分からない。


昨日、夕方から5人で山を下り、9月に密教文化研究所の研究員になったチャンさんの遅ればせの歓迎会を橋本の「ニューデリー」で開いた。他の3人も留学生である。彼らは御山にいる時間が長いから、こうした気分転換も必要なのだ。チャンさんは上海の名門復旦大学から1年の予定で高野山に来た人で、梵語の陀羅尼経典を研究している。今週から彼女のために授業をひとつ始めた。





初めてこのブログを読む方へ | トラックバック(0)

初めてこのブログを読む方へ

2008年03月30日
ドッキンチャムリヤ村の子供たち
                      バングラデシュ ドッキンチャムリヤ村の子供たち

◎「コンタクト・ゾーン亜細亜」へようこそお越しくださいました。
 このブログを管理いたしますのは、私、奥山直司です。

◎アジア各地に開かれたさまざまな宗教的コンタクト・ゾーン(接触領域)について、私自身の視点から語ってまいる所存です。

◎当面、次の5つを柱に記事を掲載してまいります。
 ?フィールドワークの記録
 ?研究ノート
 ?模擬授業
 ?読書案内
 ?ある大学教員の日常茶飯

◎なお本ブログに掲載されている画像・文章などのデータに対する著作権は、特に断らないかぎり、奥山直司が保有していおりますので、無断転載はご遠慮願います。
初めてこのブログを読む方へ
 | HOME |